« JRヘルシーウォーキング | トップページ | 仏果を得ず (三浦 しをん著作) »

小樽雪あかりの路

小樽でのウォーキング後に運河会場と手宮線跡会場を見てまわりました。もっと人が多いのかなと思っていたんですが、それほどでもなく、幻想的で良かったです。

H21212_001 H21212_004 左がウォーキングの時に撮ったもので、右が灯りがともったときのもの。どちらも好きですが、雰囲気があるのはやっぱり右ですよね。17時過ぎぐらいだったのでまだほんのりと明るいため、まわりの風景もうっすらと見えていました。足元がけっこう滑りやすかったので、薄明かりぐらいでちょうど良かったです。

H21212_010 H21212_012 運河会場の方では水面に明かりが浮いていて、こちらも雰囲気があって良かったです。色合いが柔らかい感じだったので、見ていてもほっとするような、なごむ感じでした。2月の小樽にしては暖かいので、かなり溶けてしまっているのは残念でしたが、日中、作り直している人たちを見かけたので、陰の努力があっての成功なんだろうなと思います。

« JRヘルシーウォーキング | トップページ | 仏果を得ず (三浦 しをん著作) »

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053261/28040254

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽雪あかりの路:

« JRヘルシーウォーキング | トップページ | 仏果を得ず (三浦 しをん著作) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ