« 初めて飲んだ芋焼酎 | トップページ | ミズキの定位置 »

衝撃の一言

一緒にエス・ワン・グルーミングスクールという学校に通っていたGさん。

私はトリマーを目指し、Gさんは犬の訓練士を目指していました(二人ともその職業には残念ながらついていませんがsweat01)。

そのGさんと、ダンディのトリミングについて話をしていた時のこと。学校を卒業する時に私が優秀賞をもらっていたと言われ、全然覚えていない自分に愕然としました。

仕事を辞めて、すぐに学校に行くのもなーと思っていたので、この学校に入学したのが9月。

4月に入学する生徒さんが多い中、9月生は一人でちょっと寂しかったんですが、いろいろ事情もあったので9月の入学を選ぶことに。

卒業の時も一人なので、私にとっては優秀賞と言っても、がんばったで賞的な意味でとらえていたような気がします。

でもGさんいわく、カットも上手だったし、いくら一人とはいえ、技術的に劣る場合は出さないよとのこと。真偽のほどはわかりませんがcoldsweats01

確かにダンディのカットをしていて、自画自賛できる部分もあるよなーとは思えるできばえ。でも、と思ってしまう所もあるんですが、上手にできたところは認めてもいいんですよね。

それが私にはできないというか、ダメなところを強調して見てしまう、悪い所があるようです。

いい所と悪い所を分けて評価し、どちらも見るようにできれば、自分を苛めすぎないのかもしれません。

今回、Gさんの一言で気づくことができたので、成長の一歩になるといいなー。

« 初めて飲んだ芋焼酎 | トップページ | ミズキの定位置 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053261/30681286

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の一言:

« 初めて飲んだ芋焼酎 | トップページ | ミズキの定位置 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ