« クマの肉球と寝顔 | トップページ | 粥屋 中央店 »

続・ボクらの時代

先週に引き続き登場のオダギリジョーと次長課長の河本。

バーベキューをやり始めてすぐに出てきたのが、グラビアアイドルのほしのあき。この人にオダギリジョーが会いたくて、3人目として登場です。

理由はオダギリジョーが役者としてのモチベーションが低くなっている中で、どうしたらほしのあきのようなモチベーションを持てるか、吸収したいということでした。

前回の放送で言っていたんですが、80歳になって役者をやっている自分が想像できないんだそうです。

河本も芸人をやめようと思ったことがあり、それが30歳の時。オダギリもその頃に役者としての自分について考えたと言っていて、それぞれに分岐点をどう乗り越えるか、乗り越えてからどうするかを模索しているような感じも受けました。

私自身はあまりほしのあきのことについて知らないんですが、30代でグラビアアイドルってすごいですよねshine。努力もされているとは思いますが、考え方がすっごく前向きhappy02

オダギリ自身も、ほしのあきの「何歳になってもグラビアアイドルをするという」気持ちを持ち続けていることに、すごいと思っているというような話も。

最終的には自分という存在に対して自信を持つことが大事なのではという話にまとまった所はとっても同感です。

河本が言っていた「一億二千万分の中の自分」は一人しかいないんだという言葉flair、最高ですgood

誰とも交換ができない自分を大事にするのは難しいのは経験上、よくわかっているつもりですが、ちょっとしたことで自信につながることも最近の経験でよくわかりました。

自分の人生を楽しくするも、苦しくするのもまずは自分ですよね。人のせいにはできないし、誰かに助けてもらう前にまずは自分で立たないと共倒れになっちゃうんじゃないかと。

その上で支え合えるパートナーが見つかれば、人生さらにHappyですよねheart04

« クマの肉球と寝顔 | トップページ | 粥屋 中央店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053261/30979550

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ボクらの時代:

« クマの肉球と寝顔 | トップページ | 粥屋 中央店 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ