« トトイが飼い主の元に行った理由 | トップページ | 雨にも負けず粗茶一服 (松村 栄子著作) »

ペットボトル入りのボジョレー・ヌーボー

今年初めての発売ということで、ラジオでその存在を聞いた時にびっくりしてしまいました。

値段と相談して、ペットボトル入りのボジョレーを買ったという内容の投稿だったんですが、ワインがペットボトルに入っているってどういうこと?

それでワインの品質とかきちんと保てるの?

そもそも生産者はどんな風に感じているんだろうといろんな疑問がわいてきました。

案の定というか、当然というか、フランスのワインの関係の方(?)からダメだしが出たという話もあったので、来年以降の発売がどうなるかはわかりませんが、私はちょっと嫌だなーと思っているので、発売はやめてほしいなと思います。

 

私自身はお酒の中だとワインが好きで、赤ワインのフルボディが大好きなんです。

なので、ボジョレーは若すぎて飲む気がしないんですが、それでもこのペットボトルというのにはかなり引っかかりを持ってしまいます。

安く売るためにペットボトルにするということ自体、ボジョレーの品質を貶めているようで、生産者に対して申し訳ない気がするのは私だけでしょうか?

美味しいものを安く買いたいという気持ちもわかりますし、ボジョレー市場にとって日本が大きなシェアを誇っているようだという話も聞いています。

だからと言って、やっていいことではないような気がして、やってしまったことに残念な気持ちでなりません。

現物を見ていないままの批判なので、正しい評価ではないのかもしれませんが、思わず書いてしまいました。

来年以降、どのようにしていくのか、注目していきたいと思います。

« トトイが飼い主の元に行った理由 | トップページ | 雨にも負けず粗茶一服 (松村 栄子著作) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053261/32288840

この記事へのトラックバック一覧です: ペットボトル入りのボジョレー・ヌーボー:

« トトイが飼い主の元に行った理由 | トップページ | 雨にも負けず粗茶一服 (松村 栄子著作) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ