« 珍しい組み合わせ | トップページ | 忙しい一日 »

映画 「アトム」

招待券があると言われたので、見に行ってきたんですが、悲しくなるような内容でした。

もともとCMを見て、こんなのアトムじゃないと思ってみていましたが、映画の中でそう感じる場面が多く、本当にこれでいいのと思ったことが何度あったことか。

 

ストーリー自体やユーモアなど、手塚治虫さんらしい所はところどころに感じるんですが、それも逆にちぐはぐな印象を受けるんです。

手塚治虫さんのファンでもなんでもないんですが、この映画を上映してしまって良かったの?と思わず聞きたくなってしまいました。

上映自体はほぼ終わりのようなので、いまさらという感じなんですが、あまりにもひどくて思わず記事にしてしまいました。

一緒に見に行った友達も、アメリカ人の手塚ファンの方たちからも不評だったという話を聞いていたから予測はしていたけどひどすぎるの一言。

感想を言い合う気にもならないほどの内容にただ、ただ残念な気持ちでいっぱいですweep

« 珍しい組み合わせ | トップページ | 忙しい一日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053261/32071337

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「アトム」:

« 珍しい組み合わせ | トップページ | 忙しい一日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ